07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-10-07 (Mon)
スネイプ村からバスに乗った時、この旅行で初めてお会いしたスネイプ先生ファンの方に隣の席に来ていただきました。
一人で二席使用するのはゆったりできて良いのですが、会話もしたかったんです。お部屋が一緒だったり食事の時に席が近ければゆっくりお話する時間もあるのですが、観光中はそれぞれ見たいポイントが違ったり撮影に一生懸命だったりあまり交流する時間がありません。移動中は会話するのにちょうど良いです。
ネット上では何度かお話したことがあったのですが、お顔を見るのは初めてで、しかも互いの家が離れているので今後お会いする機会はないかもしれないと思うと、声をかけずにはいられませんでした。
この時、スネイプ先生についてゆっくり語れたことが心に残っています。

ラヴェナムは、15~16世紀に羊毛の貿易で栄えた街のようです。
スネイプ村と同じサフォーク州にありますが、バスで1時間半ほどの距離で、スネイプ村よりずっと気温が高かったです。
木造の中世の街並みが、とても可愛らしい街でした。
DSC00760a.jpg
縦縞~

この木造の家並、歪んでいる家も多いのが印象的でした。歪んだ理由はいくつか説があるようで、定かではないようです。
DSC00735a.jpg
明らかに歪んだ建物
The Crooked House Galleryというアートギャラリーらしいです。

DSC00762a.jpg
ピンクと緑の家(テラスハウスの半分を違う色に塗るとは面白い~)
ラヴェナムはピンク色の家が多いそうです。

ラヴェナムは、ハリー・ポッターの映画のロケ地でもあります。
ロケ地本によれば、役者さんは来ないで建物の撮影だけしていったようですが。
さらにデジタルの画像とミックスされて、ほとんど原形をとどめていないようですが、「死の秘宝パート1」でハリーとハーマイオニーが訪れたゴドリックの谷のジェームズとリリーの家に「ギルドホール」の特徴がある、と書かれています。
DSC00742a.jpg
1529年に建てられたギルドホール

DSC00738a.jpg
近くで見たところ

しかし、以前このブログで書いた売りに出されているというハリーの生家はギルドハウスではなく、ロケ地本にも出ていません。
このハリーの生家については、ポッターマニアさんでも紹介されていました
どっちがジェームズとリリーの家なのかわかりませんが、とにかくハリーの生家と言われているDe Vere Houseの画像と英文の記事をプリントアウトして持って行き、自由時間の時に探してみました。

DSC00748a.jpg
De Vere House

DSC00743b.jpg
名前を示すプレートで確認
現在はB&Bだかホテルだかになっているようです。

DSC00754b.jpg
スネイプ先生にも立っていただきましょう
スタジオのセットと比較してみます。
DSC00361a.jpg
スタジオで撮った写真
壊れている部分を除いても共通点は少ない気が…

ここで写真を撮った後、素敵な教会が見えたので行ってみました。
DSC00764a.jpg
The church of St. Peter and St. Paul
15,6世紀に建てられたようです(This church dates from between 1486 and 1525――と書いてありました)とても趣のある教会です。
人気(ひとけ)がなくて、ちょうどこの時鐘が鳴っていて、ちょっと不思議な雰囲気でした。
ラヴェナムではハリーの両親の墓地の撮影は行っていないそうですが、でもハリーの生家があるのなら、とお墓の写真も撮りました
DSC00766a.jpg
雰囲気のある墓石

ここは別な空気が流れているようでした。
* Category : 5回目(2013年7月)
Comment : (-) * Trackback : (-) |