07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-08-18 (Sun)
大広間に後ろ髪を引かれながらも次に進みます。見学の時間は限られているので。
書き忘れていましたが、メイキングオブハリーポッターの中では自由行動でした。それぞれ自分のペースで見て回って、お土産買って、お昼も食べて12時にバスの中に集合、ということになっていました。
メイキング・オブ・ハリーポッターの施設自体は時間制限はないでしょうが、私たちのツアーは3時間に限られていました。
とはいえ、今までの見学場所と比べたら格段に長い時間をいただいているという印象でした。だいたい3時間あれば見られるという前情報もありました。
3時間の中で何に重点を置くかは自由だったので、私は時間が無ければ一食抜いてもいいくらいの気持ちで見学していました。

DSC00178a_20130724215904.jpg
最初に目についたのがクリスマスダンスパーティの時のセット
ハリポタ展にもあったと思います(ハリポタ展の方は写真がないのでうろ覚え)

非常に広い空間に大きなセットや衣装やかつら、杖などの小道具まで展示されていました。
広いのでハリポタ展でのような渋滞は起こらず、混んだ場所は避けて空いているブースを先に見てから後で見る、ということが楽にできました。この建物(エリア)から出なければ。
全てではないけれどほとんどの展示物の写真を一通り撮ったように思いますが、全部載せていたらキリがないし、今後行く方のお楽しみを奪ってもいけないので一部だけ紹介します。
なるべくハリポタ展と被っていないものを載せようと思いますが、記憶が定かでなくなってきているので、必ずしも被っていないとは限りません。


DSC00183a_20130724215906.jpg
使われたwig(かつら)の展示

もちろんスネイプ先生のもあります!
DSC00187a.jpg
「謎のプリンス」の時の髪
ああ、この髪型で「シー」とか「アバダケダブラ」したんですね……。
しかし、1ヶ月前の自分の髪を見ているような気分も

DSC00191a_20130724221205.jpg
衣装の数々

DSC00196a.jpg
どのシーン(数字で表現)で使われたかがそれぞれ違うハリーの衣装

DSC00202a.jpg
ホグワーツの門
本ではスネイプ先生が直々に門の鍵を開ける、という素敵なシーンがありましたが、映画には無かったですね。

DSC00210a.jpg
放射状に並んだ主要人物の杖の中にはもちろんスネイプ先生のも!
名前のプレートが写ってなかった>< でも、わかりますよね?

そして、一番の見どころ、魔法薬学教室。
DSC00214a.jpg
まずは部屋の隅から

DSC00219a.jpg
人物の入らない魔法薬学教室

DSC00215a.jpg
魔法薬学教室に立つスネイプ先生 どひゃー!

DSC00220a_20130726213530.jpg
魔法薬学教室のパペットスネイプ先生

DSC00227a_20130726213533.jpg
薄明かりの中で不気味な存在感を示す標本類

DSC00222a.jpg
近付いてみたところ
ラベルは単に「POTION]と書かれているものが多いです。

DSC00232a_20130726213535.jpg
スネイプ先生たち

何枚写真を撮っても、その場を立ち去り難い気持ちはありましたが、やはり他の場所も見たいので移動します。

DSC00238a.jpg
大振り子の前のスネイプ先生
振り子はとても大きく、本当に動いています。
DSC00239a.jpg
校長室に通じる螺旋階段
スネイプ先生も何度となく使ったことでしょう。

他の場所を二三カ所見るとすぐまた戻って来る私。
DSC00246a.jpg
魔法薬学教室をパノラマ写真で撮ってみた

うーん。自分では全体を入れたつもりでしたが、半分入っていない…。この部屋にはもう一人の魔法薬学教師スラグホーンも居たのですが、パノラマ写真にいないとなると、結局たった一枚しか写っていませんでした!
DSC00221a_20130726230810.jpg
しかもピンボケ!

魔法薬学教室の前に私は何度も行きました。
その場を離れて他の場所を撮影して、また戻って魔法薬学教室を撮影して、というのを何度か繰り返したので、何人かの方に「いつ見ても居る」と言われてしまったほどでした。
撮り忘れた角度はないか、自分の姿も写真に納めたか、他の方と一緒に撮影できたか、色々気になりました。音声ガイドは二度繰り返して聞きました。
音声ガイドは、開場までの時間に使用方法を練習した割には、聞く暇がありませんでしたが、ここだけは注意して聞きました。というか、ここ以外では結局聞かなかったです
* Category : 5回目(2013年7月)
Comment : (-) * Trackback : (-) |