07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2011-10-09 (Sun)
ビールを飲みながらしゃべっていると、メインが運ばれてきました。
ちゃんと「スモールラム?」と聞いて挙手した私たちの所にお皿を置いてくれましたが、大差ない量に感じられました。

DSC06430a.jpg
気持ち小さめのラム

付け合わせの野菜はみんな一緒でいいかと聞かれ、大きな器にみんなの分を一緒に盛りつけたものが届きました。
DSC06431a.jpg
パンと付け合わせの野菜類

この付け合わせの野菜、カリフラワーのフリッターが思いの外美味しかったです。ジャガイモは2種類あり(片方はピリ辛)、多すぎて食べきれません。
他のテーブルのお客さんたちもみな、この付け合わせは食べきれないようで残していました。

スモールサイズではありましたが、ラムと付け合わせの野菜とパンを食べるとかなりお腹がいっぱい。最初に食べたいと思ったミックスベリーのテリーヌは別のテーブルに運ばれたのを見て無理と判断、ホットクレープにしました。もっとも、これって皮だけじゃない?という指摘もあったのですが。
そして、ほぼ、その通りでした(笑)
DSC06443a.jpg
レモンとシュガーのホットクレープ

でも、半切りのレモンの果汁をたっぷりかけ、粉砂糖を振って、添えられたクリームをつけて食べると美味しかったです。お腹いっぱいでなければ、もっと美味しかっただろうと思います。
クレープは本当に熱くて、すぐにクリームを別な場所に避難させました。そうしなかったきじゅさんのクリームはすっかり溶けてしまってました(笑)

一緒に紅茶を飲みたかったのですが、どうもデザートのお皿が空になるのを見計らっていたようです。
空になってから熱い紅茶とミントチョコレートが運ばれてきました。

お給仕をしてくれた頬の紅い金髪の青年が、頃合いを見るためかそばを通りかかって、まだ途中だとわかるとすっと通り過ぎ、別なところで少し時間をつぶすようにして戻ってくるのが申し訳なく、そして可愛かったです。ちょっと映画のロンみたい~という意見もありました。


食事が済むと、母は部屋で休んでもらい、私は3人の部屋に行ってDVDを鑑賞しました。
ここにもハリー・ポッターのDVDがあったのです。「謎のプリンス」が。

早速、グロスター大聖堂の回廊の場面、つまりスラグホーンのクリスマスパーティに忍びこんだドラコを連れ出し、壁に押し付けて軽率な行動を叱った場面です。
その時に回廊の向きが逆だった!と気付き、みんなで悔しがりました。

ところで、そのDVDには、吹き替えの選択肢に変わった文字がありました。
果穂さんはその文字が片仮名の「カワユソ」に見えると言い、言われてみると本当にそう見えてきます。
「2ちゃんの言葉みたい。カワユソす、とか」などと言われて大ウケです。
カワユソ
言語の選択肢

その何語かわからない言語でスネイプ先生のセリフを聞いてみよう!ということになり、大変盛り上がりました。
なんてワクワクしたことでしょう!
で、聞いてみると、意外なことに全然違和感がありませんでした。
言葉こそ何を言っているのか聞き取れないのですが(実際は場面から意味はわかるけれど)、声が、アランさんに結構よく似ていたのです。
みんなで感心してしまいました。
色々な場面で試してみましたが、どこも違和感ありませんでした。
もちろん、アランファンにとっては、細かい部分の違いは気になるようでしたが(ヴァルネラー、サネントゥールとか)、私には大差ありませんでした(笑)

そして、yumaさんのiPhoneはここでも威力を発揮し、その言語が何かをつきとめてくれたのです。
ヘブライ語でした!
リンク先のウィキペディアを見ると、「カワユソ」に見えたのは「עברית」で(文字化けするかな)、そのものずばり「ヘブライ語」という意味のよう。読むのは右からということです。


ディーンの森で、「謎のプリンス」を、スネイプ仲間と、ヘブライ語吹き替えで鑑賞できたこと、とてもとても貴重で楽しい体験でした!
* Category : 4回目(2011年9月)
Comment : (-) * Trackback : (-) |