07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2011-09-29 (Thu)
目的地までの距離がカーナビに記されていました。
その数字がどんどん減っていくのを見ながら、窓の外も観察していると、やがて標識にSNAPEの文字も見えるようになってきて、とても興奮しました。

カーナビに郵便番号を入れただけあって、ちゃんとB&Bの前(正確には反対側)に停まってくれました。
メーターの料金は37.4ポンドを示していました。
タクシーのチップは10~15%ということですが、とても遠くまで来ていただいたし、41~43ポンドというのも非常に中途半端に感じたので45ポンド支払いました。どうなんでしょうね。
ちゃんと手書きの領収書をくれたのですが、行き先がSnapeと書かれているように見えます。
陽気で素敵な笑顔の運転手さんでした。
DSC04860a_20110929205412.jpg
名刺大のカードに書かれた領収書

既にグーグルマップのストリートビューで何度か見た街並みでしたが、思った以上に閑散とした印象です。
B&Bに入る前にまずは記念撮影を。
DSC06266a.jpg
スネイプ村のB&B アルビオンハウス(ALBION HOUSE)

DSC06271a.jpg
これは壁に「S」の文字のあるご近所の家

アルビオンハウスは、大きいけれどどこから見ても普通の家で、入口はドアしか見当たらず、yumaさんに呼び鈴を押してもらい入りました。
ドアから入っていく様子は最後尾からビデオで撮影したのですが、人がたくさん写っていて公開できませんでした。ごめんなさい。

迎えてくれたのは品の良い年配の女性でした。
オーナーの一人のJさんです。
最初に挨拶したのはきじゅさんだったようです。
その後、誰が一番英語が上手?というような質問を受け、皆できじゅさんを指したので、主に説明はきじゅさんに聞いてもらいました。
後にもう一人のオーナーのちょっと貫禄のある女性Bさんも庭からやってきて握手で挨拶しました。

部屋を4つ見せてもらって、その内3つを選びました。
ダブルの部屋を母が一人で使い、2つのツインを他の4人が使用します。
1階のツインと屋根裏部屋のツインで、屋根裏部屋が可愛くて人気だったので、ジャンケンをしました。
私が真っ先に勝ち抜け、次にきじゅさんが勝ち、私ときじゅさんとで屋根裏部屋を使うことにしました。

誰が家の鍵のキーパーになる?と聞かれ、私が名乗り出て家の鍵の開け方と閉め方を教わりました。結構難しくてコツが必要で、その後もたびたび誰かの力を借りる必要がありました。

部屋の写真撮影は後にして、まずお昼を食べに行こうと決めていました。到着時は13:30を過ぎていてお昼がまだだったからです。
そう告げると近くのレストランを薦めてくれ、すぐに出かけることにしました。
しかし、ちょっと気になったのは、お昼を食べに行くと言う前にJさんが言った言葉に頷いたことでした。
おそらく、お茶はいかが?と言たのだと思います。
今のことかどうかよくわからないまま頷いたため、私たちがお昼に行こうと出ていく時に、お茶のセットを持ってダイニングに入っていらしたのです。
多分、お茶のセットには既に熱いお茶が入っていたと思うのですが、そのまま出かけてしまって本当に申し訳なく思いました。
よくわからないまま頷くのは止めにしよう、と固く心に誓いました。


道を歩いていると、あちこちにSNAPEの文字があります。
DSC06272a.jpg
SNAPEの文字
どうやらスネイプ村のsignらしいです。
こちらで説明しています。

DSC06277a.jpg
スネイプブリッジ

薦めてくれたお店はちゃんとしたレストランだったので、もう少し軽い食事が出来るところに向かいました。
SNAPE MALTINGS という所です。
MALTINGというのは、麦芽製造(所)という意味のようです。
行く前に読んだ本には、昔ビール工場があったと書かれていましたが、昔麦芽製造工場があったということでしょうか。
そこは既にMALTINGSではなくなっています。1960年に閉じた、とwikiに書かれていました。スネイプ先生の生まれ年!!
今はコンサートホールやお店になっています。

その中のカフェでお昼を食べました。
DSC06280a.jpg
私が食べたツナマヨネーズサンドイッチ

飲み物はリンゴとカシス(うろ覚え)のジュースです。
ところが、そこにはもっと素敵な飲み物があったのを私は見過ごしていました。

DSC06278a.jpg
リンゴとエルダーフラワーのノンアルコールの飲み物

飲んだyumaさんによれば、ほとんどリンゴジュースの味だったそうです。
結局、この旅行中エルダーフラワー関係のものを買うことがなかったので、“次”は絶対買おうと思います。
* Category : 4回目(2011年9月)
Comment : (-) * Trackback : (-) |