09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-09-28 (Wed)
キングズクロス駅から乗ったのは、キングス・リン(Kings Lynn)駅行きの列車で、途中ケンブリッジで降りて乗り換えました。
ケンブリッジは、有名なケンブリッジ大学のあるケンブリッジです。

DSC06251a.jpg
ケンブリッジ駅発イプスウィッチ駅行き

これを撮影していたら、運転席にいた方(運転手さん?車掌さん?)がにこやかに手を振って出てきたので、ビデオでも撮影させてもらいました。

DSC06252a.jpg
ケンブリッジ駅を出発~

駅を出たばかりの頃、しばらく徐行運転で、ぼんやり外を眺めていたら、エルダーではないかと思われる木が見え、とても興奮しました。
うまく撮影できなかったのですが、今後に期待しようと思いました。

終点のイプスウィッチで降りました。
DSC06255a.jpg
イプスウィッチ駅

DSC06257a.jpg
別な角度のイプスウィッチ駅

イプスウィッチというのは、サフォーク州の州都です。
ちなみに、ヴォルデモート役の俳優レイフ・ファインズさんの出身地でもあります。

この日私たちが向かおうと思ったのは、サフォーク州の小さな村、スネイプ村です。
イプスウィッチから先はバスもあるのですが、この日は日曜日でバスは運行されていませんでした。
イギリスは、結構日曜日のダイヤが違うので驚きます。
電車に乗り換えて、もう少し村に近いサックスマンダム駅まで行くこともできることはできたのですが、そこからは結局タクシーしかなく、しかもタクシー乗り場はその駅には無いので電話で呼ばなければなりません。しかも、本数が少なく、スネイプ村への到着は2時間くらい遅くなると思われました。
そこで、このイプスウィッチからタクシーで行こうと決めていました。
タクシーでは20マイル(32kmくらい)余りの距離でした。


大きな地図で見る
海に近いスネイプ村
「大きな地図で見る」をクリックすると、イプスウィッチからの道も見られます。さらに縮尺をマイナス方向に選べば、イギリスでの位置がわかります。


さて、イプスウィッチ駅では、翌日の切符も買おうと思っていました。
乗り継ぎの時間があまりなさそうだったので。
そこで、私が切符を買うことにし、タクシーの交渉はきじゅさんに任せました。

この時、プリントアウトしたタイムスケジュール表を見せたのですが、却ってそれが誤解を招き、ロンドンのパディントン駅で1時間ほどゆっくりするつもりだったことが伝わりませんでした。
元々列車の時間まで指定するつもりはなかったのですが、指定せよと言われて指定したのです。指定席までとってくれたと後でわかったのですが、乗りたい便ではなかったので、その変更を理解してもらうのにそれはそれは苦労しました。
結局なんとか無事に切符を手に入れると、タクシーの手配も難航していたことがわかりました。
5人乗れる車が無い、サックスマンダムまで電車で行けば安いよ、と要は乗車拒否されてしまったようです。
2人と3人に分乗しよう、と再度挑戦、今度は上手くいきました。
しかし、運転手さんたちにとっても、スネイプ村はあまり馴染みがない様子。
プリントアウトしたB&Bの情報を見て、相談し合っています。
そしてほどなく「Snape!」という声が聞こえ、わかってもらったようでした。
ちなみに、発音は「スナイプ」でした。
いくらかかるか聞いたら、35~40ポンドだと言います。
1ポンド135円としたら、5000円前後です。
意外と安くて安心して乗りました。


プリントを渡すと、運転手さんはカーナビに郵便番号を入力し、ようやく出発しました。
ああ、どんなにホッとして嬉しかったことでしょう!
これでスネイプ村に向かうことができるのです。
前の車には、きじゅさんとyumaさんが、後ろの車には、私と母と果穂さんが乗りました。母と二人だけではあまりにも英語に自信がなかったので、果穂さんに頼んでこっちに乗ってもらったのです。
そして実際、運転手さんの言葉はほとんど聞き取れませんでした。訛りがあって(汗)
DSC06258a.jpg
イプスウィッチを出発した直後

途中、運転手さんが何か話しかけてきましたが、聞き取れません。
「Understand?」と聞かれて、わからないと言ったら、「Gas」と言って、ホースか何かを持つジェスチャーと共に「シューシュー」と音を出します。
ああ!給油していいか?って言ってるんだ!と理解しました。
確かに、往復で60km以上かかりますから、燃料の残りも気になるはず。
もちろん「OK,OK!」と言いました。

DSC06263a.jpg
給油中

それからは、まっすぐスネイプ村に向かいました。

フォームからメッセージを下さった方へ




無事届いて何よりです!
喜んでいただけて、私も嬉しいです♪
その場面に触れるのは、2、3日後になるかと思います。
いつか行って下さいね!
* Category : 4回目(2011年9月)
Comment : (-) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。