09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-03-31 (Tue)
インフォメーションを出たのは、10時10分を過ぎた頃だったと思います。
ディーンの森に向かうバスは、10:40出発予定でした。
が、森に行く前に寄りたい場所があったので、さらに1時間後11:40のバスに乗ろうと決めました。

この日のロンドンの予想最低気温は1℃か2℃で、滞在した中では一番寒かったのですが、グロスターもかなり冷えていました。
しかも、霧が出ているし、カモメと思われる鳥がたくさん飛んだり鳴いたりしているし、で、不思議な雰囲気の街でした。
私たち三人が向かったのは、グロスター大聖堂でした。

DSC00981--1.jpg
霧に霞むグロスター大聖堂

大聖堂には無料で入れますが、寄付金の額が£3だか、£4だったか指定されていました。
入口で、一人ずつ指定された額を払い、中に進みました。
入口すぐ左手には各国語の案内のプリントが並べて置いてあり、なぜか日本語だけはラミネートフィルムで覆われていて、持ち帰ってはいけないかのような雰囲気がありました。
が、何枚もあったので、いいのかな?と貰ってきてしまいました。いまだによくわかりません。

DSC00983--1.jpg
大聖堂中央部
DSC00985--1.jpg
大きなステンドグラス

さて、私の目指すところはもちろん、回廊でした。

DSC00989--1.jpg
グロスター大聖堂の回廊

しかし、回廊ですからロの字型で、同じような廊下になっています。
むむ。一体どこが映画の撮影に使われたのか、よくわかりません。
こんなことなら、もう少しじっくり観察しておくべきでした。
とにかく、人が通らない隙を狙って、四辺の全ての辺で撮影しました。
しかし、考えてみれば、同じ廊下でも向きによって印象が変わりますから、8か所で撮影すべきだったかもしれません。

DSC00990--1.jpg
別な一辺

スネイプ先生にも色々な場所にご登場願いました。
今写真を見ても、同じ場所なのか違う場所なのか、よくわかりませんが、とりあえず、色々なスネイプ先生をお楽しみください。
DSC00991--1.jpg  DSC00997--1.jpg

DSC03218-1.jpg  DSC03221-1.jpg
どこにいってもスネイプに出くわすような気がしたというハリーの気持ちが、少しおわかりいただけたでしょうか(笑)

大聖堂を11時過ぎに出て、鉄道駅近くのバスステーションに向かい、10分くらいで着きました。
30番バスを探して奥まで行くとバスはすでに停まっています。
出発まで時間はあるので、乗る前に仮設トイレのようなトイレに入りました。
何しろ、これから先には当分トイレはありません。目的地にも多分ないだろう、とインフォメーションでも言われていたし。
その後、11:30頃、バスに乗り込みました。
習ったとおり発音しつつ、渡された時刻表で行き先を示したので、間違いもないだろうと思いました。運転手さんは、ちょっと金額を考えていましたが、片道一人£3(500円弱)でした。
往復で買えばきっともっと安かったでしょうが、もしトイレが必要になった時、森のインフォメーションセンターのある場所までバスで移動する可能性もあったので、片道しか買いませんでした。
それから、Cannopに着いたら、教えてくださいとも頼んでおきました。
自分では判断できないからですが、実際は時刻表通り正確に運行されたので、ある程度はわかったのかもしれません。

(記事内の画像は全てクリックで拡大します)
* Category : 3回目(2009年3月)
Comment : (-) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。