07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2009-03-30 (Mon)
インフォメーションに入り、「ディーンの森に行きたいのですが、どうやって行ったらいいですか?」と聞きました。
自分ではあらかじめバスの時刻表をネットで調べてプリントアウトしてあったのですが、一応確認しておきたいと思ったのです。
ところが、案内の男性は、リドニーまでバスで行くよう教えてくれて、バスの時刻表をくれて、73番バスで何時に出発で、と説明し始めました。
リドニーを通らない選択をしたのに……
そこで、私は質問を変えてみました。
「cannop pondsに行きたくて、ウェブサイトで調べたのですが」と言って、プリントを出しました。
すると、彼は「cannop pondsならここから直接行けるよ!ちょっと見せて」と言って私のプリントを手に取って見ました。
そして、これで合っていると言いながら、30番バスの時刻表を出してくれました。
DSC01177--1.jpg
30番と31番バスの時刻表表紙

DSC01175--1.jpg
時刻表内部

私の行きたいCannop pondsは、表のちょうど真ん中あたりに示されたCannop Crossroads というバス停が最寄りで、30番バスのみが通り、グロスターから48分くらいかかるようです

さて、今までの経験では、長距離バスの切符は運転手から買っていましたが、やはり確認しておこうと思いました。
「切符はどこで買えますか」
「ドライバーにお金を払ってください」
「ではドライバーに、このバス停の名前を言わなければいけませんね?」
「そうです」
「どうやって発音すればいいですか?」

このcannopを「キャノップ」と発音するのか、イギリス英語らしく「カノップ」と発音するのか、私にはわからなかったのです。初めから発音を教えてもらうつもりで、いつも英会話の授業で聞くような言葉を用意していました。
すると「カノッ・」と教えてくれます。
やはり「カ」でした!
私は真似して繰り返すと、彼はもう一度言ってくれます。
OKが出るまで2、3度練習させてもらいました(汗)
これもまた良い思い出です(笑)

ところで、インフォメーションを出る時‘Have a nice journey!(良い旅を)’と言われたのがちょっと気になりました。
前日ブレナム宮殿で出会ったおじさんからは‘Have a nice trip’と言われていました。
「旅行」を英語ではどういうのか調べた時、journeyは旅、しかも行って戻らないような旅をイメージする、と辞書に書いてあったからです。
このインフォメーションの人は旅行者への決まり文句としていつもそう言っているのか、この時期、森の中の池に行こうとするなど変わっているからそう言ったのか、あてのない旅ように見えたのか、気になりました。
* Category : 3回目(2009年3月)
Comment : (-) * Trackback : (-) |