07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2007-08-02 (Thu)
この日、ハリー・ポッター最終巻を買いに行くため、ホテルのロビーに夜の9時に集合することになっていました。

私は、8時には着替え始めました。
肌着(所謂ババシャツ)を二枚重ね、その上から娘の制服の白ワイシャツ、脚にはストッキングを履き、黒のウールのズボンを履きます。
それだけで、ちょっと男子学生みたい♪
更に、母から借りたVネックの黒カーディガンをボタンを留めて身につけ、スリザリンネクタイを締めました。
鏡に映して満足して眺めていると、電話が鳴りました。
添乗員のTさんからでした。
翌日のパーティで仮装予定だったが、予想以上に高級なレストランを予約したため、「仮装するなら今日です」という連絡でした。
「あ、もう着替えています・・・」と答えました。
次にスプリングコートを着ました。一見普通の服装に見えます。マントは現地で纏うつもりで袋に入れておきました。
母は、初めからホテルに残るつもりでした。私一人で、部屋を出ます。

9時10分前くらいにロビーに行くと、全く仮装していない方もいれば、既にしっかり仮装している方もいらっしゃいました。
皆で本屋に向かってぞろぞろ歩いていく途中、マントを持参したことを告げると、今すぐ着るよう勧められ、歩道を歩きながら、コートを脱いでマントを着用しました。
本屋の前には、既に何人か並んでいます。
DSC00514-1.jpg
青く塗られた建物が、ブラックウェルという本屋さん
写真向かって右の列に並びました。夜の9時過ぎですが、わずかに見える空が明るいのがわかるかと思います。

写真中央にいる、本屋さんのディスプレイを眺めている人々の前を通り過ぎる時、「Severus Snape」という声が幾つか聞かれたのですが、それは、私の姿を見てのことでしょうか?そう見えたのでしょうか?
DSC00516-1.jpg
本屋のディスプレイ

並んでいる間、他の仮装をしている人たちと写真を撮り合って盛り上がりました。現地の方たちとも写真を撮りましたが、私のカメラではなかったので、きっと永久に見ることは出来ないでしょう。残念です。
ハリー、ルーナ、リータ他様々な姿の人々がいました。意外だったのは、レイブンクローの青いネクタイをした若い女性が多かったこと。
イギリス人というかスコットランド人に、レイブンクローは人気があるのでしょうか??それともルーナが人気なのかな。
赤>青>緑の順で私の目に留まりました。黄色はついに見ることはできませんでした。

自分のカメラには2枚、友の会の方たちと撮った写真が残っていました。
cos4.jpg
非常に満足した顔で写っている私
わかりにくいのですが、手にはちゃんとスネイプ先生も!

10時を過ぎた頃でしょうか、本屋さんの中に入れてくれました。
この本屋さんでは、イベントが催されることになっていました。ガイドさんが奔走してくださったおかげで、はるばる日本からやってきた私たちもご厚意で入れてもらえました。
* Category : 2回目(2007年7月)
Comment : (-) * Trackback : (-) |