06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2007-03-30 (Fri)
14時頃ホテルに戻ると、まだ部屋の掃除はされていませんでしたが、部屋に入って一息つく間もなく、掃除に来てくれました。
ノックがあってビビりました。咄嗟に「Who?」と聞いたら、返事の中に「Cleaning」という言葉が聞こえたのでドアを開けました。掃除を始めてくれたのはいいのですが、私たちも出かけなければなりません。
ここは一言声を掛けていかなければ。
勇気を出して「I would like to go out」と言ってみたら、通じました!!笑顔でいってらっしゃい、というようなことを言われました(なんと言われたかは忘れた)

再び外出です。今度はサウスケンジントンから、やはりピカデリーラインで、9駅先のキングズクロス.セントパンクラス駅に向かいました。

ロンドンの地下鉄は、ほぼ同心円状に1~6までのゾーンに分かれていて、ホテルの最寄り駅もキングズ・クロス駅もゾーン1にありました。
一番中心であるゾーン1を含む区間は、どこまで乗っても一律片道£4(4ポンド=約950円)です。
どこへ行っても950円!遠い駅でも、隣の駅でも。高い…
平日は9時半からワンデイトラベルカード(One Day Travel Card)という乗り放題券が使えます。これは、ゾーン1・2で£5.1(約1200円)ですから、大変お得です。市内観光は集合時間が早かったので、ワンデイトラベルカードは使えませんでしたが、ホテルに戻ってくる時にこれを買いました。
さて、駅名を見ればわかると思いますが、例のキングズ・クロス駅は、この地下鉄駅の地上にありました。
9と3/4番線は、観光客のためにちょっと変わった場所に用意されているという情報は得ていたのですが、それがどこだかわかりません。
それより、そもそも9番線自体が見つからないのです。
地下鉄は日本と同じように自動改札機があるのですが、キングズ・クロス駅のような地上のターミナル駅には改札口などなく、いきなりホームへ行けます。ところが、そうやって入ったキングズ・クロス駅には、プラットホームが1~8までしかありませんでした。

写真は全てクリックで拡大できます。
DSC00098-1.jpgキングズ・クロス駅構内(8番線から撮影)

DSC00113-1.jpg 4番線と5番線の間

8番線を歩いていくと、9~11番線に通じる道がありました。
さあ、9番線に入るぞ!という直前に9と3/4番線がありました。
DSC00099-1.jpg
写真右の白い看板横から9番線以降のプラットホームのある建物に入れます。
これは、9番線に入る前で8番線との間ですから、むしろ8と3/4番線ではないかと思いました。わかりにくいと思いますが、プラットホームの番号を記したプレートの下に見えるのは、カートです。ハリーがトランクや鳥かごやらを載せて運んだカートで、壁にめり込んだ形になっています。
DSC00103-1.jpg 壁にめり込むカート。

ここで私たちは、いかにも観光客らしく、カートを押して9と3/4番線に向かう姿で写真を撮りまくりました。

実際の9番線と10番線の間は線路ですから、柵とか壁もありません。ローリングさんが別な駅(ユーストン駅)をイメージしてしまったと言った意味も初めてわかりました。(写真撮り忘れました…)

キングズ・クロス駅のすぐ横には細い通りを挟んだ向かい側にセントパンクラス駅がありました。ここは、翌日、ダービーに向かう列車の出る場所です。下見のため、中に入ってきました。
外観は、映画「秘密の部屋」でキングズクロス駅の外観として使われましたが、確かにそうしたくなるほど、立派な外観です。
DSC00107-1.jpg立派な外観(写真に写らない下部は工事中)

DSC00108-1.jpg 絵的には素っ気無いキングズ・クロス駅

この2枚の写真はほぼ同じ場所で撮りました。
セントパンクラス駅を撮ってから、くるりと振り向いて、2,3歩歩いてからキングズ・クロス駅を撮ったのです。地下鉄の駅名がこの二つの駅の名をつなげたのも頷けます。

写真撮影後、私たちは同じくピカデリーラインで元来た方向へ戻り、サウスケンジントンの一つ手前のナイツブリッジ駅で降りました。
* Category : 1回目(2007年3月)
Comment : (-) * Trackback : (-) |