10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2007-03-28 (Wed)
タイトル長い・・・
3/21~3/26まで、イギリスに行ってきました。
一日ずつ、報告したいと思います。
写真も入れると、途中とても長い記事になりそうな予感が。
手短に書くよう努力します。

成田9:00発の直行便、ヴァージンアトランティック航空にて、出発。
4人掛けの端二つの座席が私たちの場所でした。大変狭いです。忘れていました、その狭さ。エコノミークラスですが、各席にモニターがあり、映画やテレビ、CD、ゲームを楽しむことができました。
私は、観てみたかった「ナイトミュージアム」と「プラダを着た悪魔」を見ました。どちらも最後にほろりとさせられる映画で、後味良かったです。「ナイトミュージアム」は今まさに公開中ですから、タダで見ることができてラッキーでした。
ハングマンのゲームもあったので、英語の予習のつもりでやってみました。ハリーやロンが教科書の端でこっそり遊んでいる遊びですね。ローリングさんのサイトで7巻のタイトルが発表された時は、このゲームの形でした。子供向けで簡単なはずなのに、私には難しかったです。
あと、テトリスとかソリティアとかで時間をつぶしました。

十ン年振りの海外旅行で、すっかり忘れていたのですが、飛行機の中では、ブロイラーになりそうなほど、頻繁に食べ物がでてきました。
まず、冷たい飲み物と、プレッツェル。次に食事とお茶・コーヒー・紅茶。次に棒つきアイスと直後にオレンジジュース(飲まなかったけど)。次にハムチーズサンドかマフィンかおにぎり。次にハヤシライスかあんかけヤキソバとお茶類。これが12時間の間に出てきました。
降りるころには、満腹で何も食べたくありませんでした。

ロンドンに到着したのが、現地の時間で14:30頃。日本時間では、23:30頃でした。着陸少し前、上空から見たイギリスの景色に、大きな喜びが湧き上がってきました。そして同時に見覚えのある感じも。Yahoo!mapやGoogle Earthなどで、既に何度か上空写真を見ていたからだと思います。

さて、入国審査ですが、息子と二人で一緒に立ちました。
最初の質問から既に聞き取れず、「うっ」と詰まっていると、息子が「My name is~」と名乗りました。多分、質問の答えではなかったのでしょうが、質問が変わります。レベルを下げてくれました。「Together?」肯定すると、さらに息子に質問です。「Your mother?」
後は、ガイドブック通りの、観光の目的や滞在日数を聞かれました。
最初に、質問がわからないままとりあえず名乗った息子から、質問に答えずとも何か言いさえすれば道は開ける、ということを学びました。

なんとか、第一関門を突破して入国、旅行社の人にも会えました。
空港からホテルまで車で30分ほどでしたが、既に私のイメージするスピナーズ・エンドっぽい建物もちらほら見えました。ああ、イギリスではどこに行ってもスネイプ先生に会えるのかも。

旅行社の人がチェックインまでしてくれるのかと思ったら、大間違い。
必要な書類を渡され、ホテルの前で車から下ろされました。
持参した電子辞書には、場面に応じた例文が書かれているので、それを調べてから入ろうとゴソゴソ探っていたら、ドアボーイに「Hello!」と声を掛けられ、荷物を運んでくれて、強制的に入館させられました。まだ、心の準備が出来ていないというのに。
チェックインも、相手の言うことの半分もわかりませんでしたが、なんとか終了。でも、前途多難との思いに、疲れきってしまい、お腹もいっぱいだったので、夕飯を買いに行くことも、最寄り駅を確認しに行くこともせず、備え付けのポットでお湯を沸かして、紅茶を入れて飲み、19時前には寝ました。早い・・・
あ、心配していたベッドは、ダブルではなくツインでした(ほっ)

DSC00003-1.jpg
ドライヤーとお茶セット(ティーバッグ、インスタントコーヒー) 

  
DSC00007-1.jpg
なかなきれいな浴室
* Category : 1回目(2007年3月)
Comment : (-) * Trackback : (-) |